カテゴリ:音楽( 25 )

マニアックに走る?

とうとう。
こんなものを買ってしまった・・・。


「TM NETWORK
BACK TRACKS」


うん。つまりカラオケ。

目的はカラオケではなく。

当時のシンセサイザー回顧録。


という・・・


ワタクシが青春まっただなかのそのころは。
パソコンとか全然まだ遠い世界のもので。
先生がすごい大掛かりな機械をつなげてシンセ弾いてたよな・・・。
YAMAHAのEOSというシンセがかっこよくって欲しかった。

こんなに身近で自分たちが音楽をいじれるようになるなんて・・・・進歩してる?
テクニックは、多分後退してるでしょうね。

そして買い忘れてた最新シングルも買いました。
先生っぽくて好きかも。

いい年して、て思うけど。
やっぱりマイフェイバリット。

これからも追いかけてくぜ!

という話。

誕生日だからいいのだ!
[PR]
by mak1756 | 2012-09-14 00:08 | 音楽

ヴィオロンのため息・・・いや、鼻息?

最近悩みが多く。
人生の岐路かしらん。


と。

仕事での失敗があまりにもひどく、周囲にも呆れられつつ。
反省しながら考えるけど、うまく回らず。
なんでこんなに人を怒らせてるのか。。。。。と。
落ち込んでる今日この頃。

辞めるべきなんでしょうけど。
今の時勢と、逃げたらアカンいうことで。
頑張るしかないようです。

うーん。反省だけならサルでもできるんだけどね・・・。




てなわけで、癒しを求め、買いました。

「ザ ベストオブ タロー・ハカセ」

英語で書く気力がありませんでした。
葉加瀬さんはアグレッシヴでポジティヴな音楽だけでなく、優しい曲もたくさん書いてます。
引いてる姿はパワフル。
弦が切れるくらい・・・。

まさにヴィオロン(ヴァイオリンですね。)の鼻息のごとく・・・。



一度握手してもらいましたが、あんな大きいひとがこんな繊細な楽器を操っているのが不思議な感じでした。横はアレですが、背も高いのです。

しばらくおとなしく、人の意見を聞いて謙虚に生きたいと思います。
[PR]
by mak1756 | 2011-09-03 21:09 | 音楽

びっくりしたCD

a0024149_22414245.jpg

a0024149_22411148.jpg



サラブライトマン買ったら。
むいたらアンドルー出てきた。
びっくりした。

しかし若いな・・・。
[PR]
by mak1756 | 2010-10-11 22:43 | 音楽

さようなら、ロックの星

忌野清志郎が死んじゃった!!

超ショック。

ロックって反社会で反骨なんですよ、いまどきのユルイベイビーたち。
だからあなたが必要だったのに。


寂しいことね・・・。
[PR]
by mak1756 | 2009-05-03 10:54 | 音楽

こんなんでました

ぱひゅーむを見たくて、探してたら、こんなんでました。

あと同じくこれも。

ぱひゅーむをおじさんが踊っている。まさに・・・ま、わたくしがオジサンなんて言えないけど。

このひと、七つ下の奥さんがいるんだって。
というか、思い出したよ、じゃにコンに行くときの、私の友達、こんなんだったじゃん・・・。
必死で振り付けをおぼえて、コンサートに行くのが使命とばかりに。

このエネルギーを他に使えば、とちらりと思わないでもない。
が、この瞬間のこの人の幸せは、このぱひゅーむのダンスをコンプリートにおどることなんだよなあ・・・。
[PR]
by mak1756 | 2009-01-02 22:57 | 音楽

テクノ再来

今更パヒュームにはまりそうです。

紅白見てて、あー、なんというかフツーに可愛い(フツーというか、アイドル的に)なー、というのと、音楽が懐かしい感じ(ワタクシは私テクノ復活世代ナノデス)だから。

いい感じで、色々な要素があって、ジャニーズみたいですねえ。

テクノポップはメイドインジャパン。
うん。
[PR]
by mak1756 | 2009-01-02 13:15 | 音楽

木根尚登「トークアンドライブ」

今年は二度も来福!
しかも来年は一月にもくるのだ。わははは!!
この嬉しさは地方の人間にしか、わかるまい。。。

と言うわけで木根さんのライブです。
訳あってひじょーに落ち込みモードの私は、外出するのが遅くなり、整理券番号が若いにも関わらずとってもうしーろの席でした。
狭いホール、音響イマイチ、防音なってないという会場(IMSのGAYA酷すぎ!!)でしたが、相変わらずの軽妙なトークと、フォークソングにルーツを感じる歌に癒されました・・・。
木根さんの歌を聞いてると、男の人の方がロマンティストで、少年のまんまというか、女性に比べるとずっと繊細なのかもしれないと、思いました。

今回のあの方のあの事件についても折々触れつつ・・・最後に歌った歌は彼を待つと言う詩で、思わず涙が出ました。他にも泣き出しているファンの方が沢山いて、長くTMを愛し続けている我々にとって、今回の件は非常に、心を痛めているということがわかりました。
償うもの償って帰ってきて欲しい。ただそれだけです。

アンコールが異例の二回あり、福岡のおファンは我儘だよな、と思いつつ、それに答えてくれた木根さんとGAYAに感謝(ここでちょっと評価があがったとさ)

明日からまた、ばりばり働きますわ!!
[PR]
by mak1756 | 2008-12-22 01:24 | 音楽

ナウ・ロマンティックって、ニューロマのもじりだったのか。

先日、今田耕二の「ナウ・ロマンティック」が突然聞きたくなった。
何故?
と言われても、突然聞きたくなる音楽っていうのは、多分理由はあんまり無いような気がする。
私だけかしら?

しかし今は、便利ですね。
ゆうちゅうぶでちょちょいと探せば、親切な変わり者(だよねえ?)がアップロードしてくれています。しかも映像つきで。
多分10何年ぶり?(そうでもないか?・・・いやそうだわ)に見た今田耕二の「ナウ・ロマンティック」は、今見たらそんなに変でもなかった。今田君細いし。化粧は濃いけど。
作曲はテイ・トウワという、その道(所謂テクノ関係)では非常に有名らしい(わしゃ知らんが)方だそうで。
デヴィット・ボウイのような格好(この辺りがニューロマンティック)で歌う今田君はおかしいくらいにに真剣だが、トウワさんは遊び心いっぱいで作ったんだなーと。
これとゲイシャ・ガールズは、今見ても新鮮な感じでした。

そして教授繋がり?で何故か「戦場のメリークリスマス」をちょいちょい見てしまった。
ちなみにワタクシはこの映画見てません。多分見れないな・・・私には大島監督のような、激しい映画は見る気力がありません(弱虫だから)。
偶然だけど、これにもデヴィット・ボウイ出てたんだっけね。
[PR]
by mak1756 | 2008-11-18 22:48 | 音楽

JURIANA'S TOKYO BEST20

あのバブルの象徴の巨大ディスコ「ジュリアナ東京」で掛かっていた曲のベスト版。いわゆるテクノでレイヴですね。価格が意外にも安かったので購入。
このジュリアナが流行った時代、アタクシティーンエイジャーでしたわ・・・。
うーん。懐かしい。

このバブルの時代・・・私たちのように、この時代のあおりを食った世代にとっては、恥の時代かな?(私の友達は少なくともそう言い切った)
今見返してみても、まあ、やはり正直異常だなあと思いますが、一つの時代の象徴であるだけに、すごいパワーがあったと思います。お立ち台でパンツ見せて踊るのはどうなんだと思うけど。

内容は、バブリー感いっぱい。どの曲もすごく主張が激しくて力強く、そういう時代だったんだなあと思う。今の時代には絶対に作れない曲だと思います。
癒しには程遠いですが、機械音が却って新鮮に聞こえる・・・かも。ちょっと単調だけどね。ダンスフロアでかかる曲だから仕方ないか。
なんか昔コムロ先生が作った曲っぽい・・・あの人も日々研究してんだなと思った。
[PR]
by mak1756 | 2008-09-26 22:18 | 音楽

ああ、そういう時代でしたな。

ふとしたことで、ゆーちゅうぶで、うっかりTMの画像を見つけてしまい。

一人でTMN回顧祭り。

若い。細い。かっこいい。ああ、TMってアイドルやったんやなあ・・・。

ふけたけど、恐ろしく木根氏は変わらず。
先生は、髪型の変遷が凄い。最初の頃はD.ボウイ意識ですね。カンペキ。
ていうか可愛いですよ、先生。

ウツは・・・変わることを受け入れるのもFANKSの宿命。
いや、動いてたんだね、昔は・・・。
この頃のダンスが、マイケルジャクソンのような感じなので、影響の大きささがうかがえる。
マイケルは、実際Beatitもすりらーも凄いよ、動きが。
あの黒いパンツに白いソックスが印象的でした。

芋洗坂係長見てたら、本家が見たくなったと言うハナシ。
しかしいい時代ですね。あたいの若い(今もある程度は若いが)頃はMTVかビデオを必死に探さないとこんな映像は見られなかったんだよな・・・。
[PR]
by mak1756 | 2008-06-13 23:48 | 音楽


日々思うことをつらつらと。


by mak1756

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30

カテゴリ

全体
アニメ・マンガ
演劇・舞台
オペラ座
小説
どうでもいい話
時事問題
まじめな話
テレビ
更新
音楽
日常
ハクセン
ハクセン2
100お題続き
掘り起こした話
未分類

りんく

その他のジャンル

以前の記事

2016年 09月
2016年 05月
2016年 02月
2015年 08月
2015年 04月
2014年 09月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
more...

ブログパーツ

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

漫画・アニメ
本・読書

画像一覧