小袖日記

尋無さんのブログで面白いとのことでしたので、早速読んでみました。

小袖日記
柴田よしき


柴田さんというとあの女性刑事ものを思い出します。
ハードボイルドで、でもやはりこの物語と通じるものが、女性へのエール。
今回は平安もの。
現代の女性が不倫の果てにふられ、やけになって死のうとしたのを思い直した・・・途端、意識を失い、目が覚めたら小袖と言う、平安時代の女房になっていた。
この小袖、なんと源氏物語を書いた紫式部なる女性付きの女房で・・・。
というタイムトラベルもの。
モチロン普通のSFものなわけがなく、源氏物語を通じ、痛烈な批判と皮肉を織り交ぜている。
いつの時代の女性も、哀しく、しかし強い。
読み終えたあとに力が沸いてくる様な物語でした。
[PR]
by mak1756 | 2007-06-23 23:23 | 小説


日々思うことをつらつらと。


by mak1756

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

カテゴリ

全体
アニメ・マンガ
演劇・舞台
オペラ座
小説
どうでもいい話
時事問題
まじめな話
テレビ
更新
音楽
日常
ハクセン
ハクセン2
100お題続き
掘り起こした話
未分類

りんく

その他のジャンル

以前の記事

2016年 09月
2016年 05月
2016年 02月
2015年 08月
2015年 04月
2014年 09月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
more...

ブログパーツ

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

漫画・アニメ
本・読書

画像一覧