ぬかるみの下 8

 風が生ぬるく千尋の頬を撫でた。じっとりと冷汗が背を流れ、千尋の動きを鈍くする。

いつも通り。いつも通りに買い物に出たのだ。

言いつけどおりの店を回り、品物を購入し、油屋へと帰る。

ハクには外出を控えよ、ときつく言いつけられていたが、人手が無いと知って知らぬ顔が出来る千尋ではない。

 ハクには黙っておけば大丈夫。だってよく知り尽くした道だ。

店の人も通りがかる人々も全て顔見知り。

何かあっても助けてくれるだろうし、すぐに油屋へと知らせが入るだろう。

そう思うのに、悪寒が拭いきれないのは何故なのか。

 丁度人が切れた通りの裏側に差し掛かった時だった。

「苦しい・・・」

喉を押さえて千尋は眉をしかめる。大気がその温度を増したように、息をすることが苦しくなる。

 熱い。

息をするたびに喉がひりひりとする。

季節などないはずの油屋の結界内で、熱さを感じるなんて変だと千尋は思ったがどうにもならない。

「はぁっ・・・」

けだるい吐息を一つ吐くと、とうとう千尋は地面に膝を突いた。途端、ばらばらと買ったものが地面に転がってゆくが、苦しくて身体を支えることが出来ない。荒い吐息が千尋の口から忙しなく繰り返される。

 ざり、と砂利を踏む音に気付いて千尋は顔を上げた。

「あ・・・なた、ふじや・・さん?」

千尋の目の前に佇んでいたのはあのときの女・・・・藤也だった。あのときと同じように婀娜に着こなした鮮やかな紫の着物、そして白いパラソル。

「苦しいかい?」

くっ、と藤也の唇の端が上がった。くるり、と白いパラソルが千尋の視界で回る。

「焼け付くようだろ?まるで火の中にいるようだろ?」

そう藤也が笑うと、一層空気の温度が上がった・・・少なくとも千尋はそう感じた。

「か・・・はっ・・・」

喉を押さえて、千尋はそのまま地面に突っ伏した。火の中にいるように、焼け付くように痛む喉。

・・・火事のときに、喉を火傷するって言うけど・・・こんな感じなのかしら。

朦朧とする意識の下で、ふと思い出し、咳き込む。

「苦しかろう・・・?でもねえ、アタシの苦しみに比べりゃあ、そんなもの、天国のようなもんさあ」

続く女の嘲笑。

「なん・・・で・・・?」

「何で?そりゃあ、あの白竜に聞くんだねえ」

 再び会えたら、の話だけど。

そのまま言葉もなく崩れ落ちた千尋を見下ろして、またくるり、とパラソルが弧を描く。

「さあて。あの人、どんな顔すると思う?炎?」

振り返って、何時の間にか現れた偉丈夫を見上げた。その黒い瞳はちら、と千尋を見ただけでそれ以上は興味がないとばかりに閉じられる。身を屈め、千尋の身体を片腕で抱きかかえると炎は諭すような口調で言った。

「コハクヌシが来る前に引くぞ。幾らなんでもここでやりあうのは厄介だ」

「わかってるよ!!あー、面白くない男だねえ!アンタってこれだから嫌なのよ!」

素っ気無い言葉に癇癪を起こし、藤也はそのまま炎の腕に己のそれを絡めて身体を密着させる。

次の瞬間、三人の姿は跡形も無く消えていた。

[PR]
by mak1756 | 2012-09-29 21:17 | ハクセン2


日々思うことをつらつらと。


by mak1756

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31

カテゴリ

全体
アニメ・マンガ
演劇・舞台
オペラ座
小説
どうでもいい話
時事問題
まじめな話
テレビ
更新
音楽
日常
ハクセン
ハクセン2
100お題続き
掘り起こした話
未分類

りんく

タグ

その他のジャンル

以前の記事

2016年 09月
2016年 05月
2016年 02月
2015年 08月
2015年 04月
2014年 09月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
more...

ブログパーツ

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

漫画・アニメ
本・読書

画像一覧