ぬかるみの下 4

 千尋の話に出てきた女は、昼間ハクと一緒にいた女だろう。

いや。

あれは・・・間違いでなければ。

リンは昔聞いたハクの噂を思い出す。

しかしそれはさすがに千尋には聞かせがたいものだった。あまりにも下世話すぎて話せない。

これは自分が黙っていれば済むことだ。そう。

 ごそ、と何かが闇の中で動く音が耳に入った。衣擦れの音にうすく目を開ければ、件の少女が忍び足で部屋を抜け出してゆくところだ。

あの、馬鹿。

心の中で思い切り舌打ちする。

きっとあの帳簿頭の部屋に行くのだろう。まったく乙女心はリンには理解不能だ。

「あーあ。さっ、寝よ寝よ」

きっと少女は朝になるまで戻るまい。竜が彼女を放しはしないのだから。









 ひた、ひた。

廊下を忍んで歩く音でその人物を探り当て、ハクは小さく笑う。

読んでいた書物から顔を上げて立ち上がると、扉の前に立った。

戸の向こうの躊躇う空気を感じ、がら、とおもむろにあけると。

「!!」

予想通り大きく見開かれた瞳に、ハクはまた笑った。

「こんな夜中に何の用だい?千尋」

分かっているであろうことを、意地悪をしてわざわざ問う。

その意地悪は愛しさ故に。困った顔が、見たいから。

「ご、ごめん寝てた?」

「いや・・・起きていた。廊下は寒いだろう、こちらへお入り」

そっと千尋の手を引いて部屋の中に入れ、扉に錠を下ろす。

がちゃり。

乾いた金属の音が夜の静けさを打った。



――――紳士は扉に鍵を、かけぬ。



いつぞやに聞いた言葉。

構わぬ。自分は紳士とは程遠い、狂人なのだから。

固く固く、扉は閉まる。扉は朝になるまで開くことはない。









 もじもじと落ち着かない様子で千尋は視線を彷徨わせた。

さて、ここまで来たが、何と切り出したらよいのだろう。

「千尋」

「は、はい!!」

元気のいい答えにハクは苦笑し、彼女を引き寄せ抱きしめる。

「ハ、ハ、ハク!!??」

「何を慌てているの?こんな時間に尋ねてくるということは、そう言う期待を抱いても良いのであろう?」

ちがう。

そう言おうとしてわずかに開いた唇に、冷たい唇が重ねられた。



あ。

まただ。

また、ながさ、れる。



「や・・・」

最早立っていることさえ困難だった。

がくがくと膝が震え、ハクが支えていなければ、その場に崩れおるだろう。

口接がはじめてというわけでもないのに、いまだこの少女は慣れると言うことが無いらしい。

胸を押し戻そうとする腕を捕らえる。弱弱しい抵抗に何の意味があるというのか。かえって青年の欲情を煽るだけだ。

「千尋」

首筋に顔を埋めて囁けば、小さくその身体が震える。

「ハ・・・ク・・・」



訊きたい事があるの。

それなのに。



「あ・・・いやぁ・・・んんっ」

問いの代わりに唇から漏れるのは、意味の無い言葉と気だるげな吐息だけ。

やがて吐息が喘ぎに変わり、言葉は懇願となり。

 「お・・願い、ハク・・・っ」

飢(かつ)えた竜の青年を満たす。





 訊きたい事があるのに。

それさえも忘れさせる程に激しく激しく愛し、犯し、泣かし。





「竜は優しいよ・・・そして愚かだ」





静かな老婆の声は、今の千尋には届かない。

竜が彼女を快楽のうちに閉じ込めているのだから。

[PR]
by mak1756 | 2012-09-22 02:18 | ハクセン2


日々思うことをつらつらと。


by mak1756

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

カテゴリ

全体
アニメ・マンガ
演劇・舞台
オペラ座
小説
どうでもいい話
時事問題
まじめな話
テレビ
更新
音楽
日常
ハクセン
ハクセン2
100お題続き
掘り起こした話
未分類

りんく

タグ

その他のジャンル

以前の記事

2016年 09月
2016年 05月
2016年 02月
2015年 08月
2015年 04月
2014年 09月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
more...

ブログパーツ

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

漫画・アニメ
本・読書

画像一覧