花嫁 3

 写真を撮り終えると、千尋は着物のまま家路に着いた。

何となく勿体無くて家まで着て帰りたかったのだ。普段袖を通すことない着物を着た自分に、別人のような気分を味わえる。

父と母は用事があるから、と言ってどこかに出かけた。あの恋人のような夫婦には良くあることなので、千尋は一人で電車に乗り、そしてバスに乗りかえる。

新興住宅地にある千尋の家は、交通の便を考えると少し不便で、バス停から十五分ほどは歩かねばならない。

ここにきて着替えなかったことを少し後悔したが、仕方がない。

こうしてゆっくり歩いていると、普段は見落としている風景に気づいた。

季節の花や空気の匂い。忘れかけていた自然の手触りに、やんわりと千尋は微笑む。

 続く坂道を曲がろうとして、千尋は足を止めた。

「あ・・・」

目に飛び込んできたのは大木の根元に打ち捨てられた社の山。





―――「神様のおうちよ」





 幼い時に聞いた母の言葉が蘇る。

かつて在りし山の、川の、森の・・・忘れられた神々の住処。

今まで気に求めなかったものなのに、目を奪われ足を止めた。

突如ぐにゃり、と視界が歪む。

「な、に?」

首が、痛い。

刺すように、ちりちりと・・・雨も降っていないのに、何で―――。

この先にあるのは、確か。





 「隠しの森」





と土地の人々は言う。

新興住宅地が作られるために、山が切り崩された。

森が、林が次々と消えて・・・神々の住処がこうして打ち捨てられても尚この森は残された。

「タタリがある」「神隠しに遭う」

土地の老人の言葉は、現代では陳腐にさえ聞こえるのに、日本人の中にある恐れがそうさせたのかもしれない。

そこに森は在り、そして在りつづける。









「振り向かないで」

「振り向いたら・・・掴まってしまうよ」









優しく諭すような、それでいて誘うような声が脳裏に響く。しかしそれはくすくすと響く笑い声にすぐ打ち消された。






「きたよ、きたよ」

「花嫁御寮が、綺麗なべべきてやってきたよ」





くすくす、くすくす・・・。






 気持ち悪い。

千尋はそこを立ち去ろうと踵を返した。





くすくす・・・。





声は森の中から聞こえてくる。

この先は行き止まり。何にも無いはずなのに。

 かつて、自分達一家は「神隠し」に遭ったという。

四日もの間、家族は行方不明だったらしいが、あいにく自分達にはそんな記憶は無い。

そのとき千尋は、土地の老婆にこう言われた。

「あんた、神にまみえたね?」

近所でも変わり者として評判だという老婆の言葉はまともに取り合われなかったが、神隠しの噂は嫌でも広がった。おかげで色々と嫌な思いもした。ただ父親に似たのか、明るいその性格のおかげで友人もたくさん出来、今では噂をわざわざ持ち出すものもいなくなったが。

ぞわり、と背中を悪寒が這った。

「早く帰ろう」

ここにいてはいけない。

本能的にそう感じ、足を速めようとしたときだった。





ゴウッ。





「!!」

思わず千尋は目を瞑った。

突如強い風が駆け抜けて、千尋の髪を乱す。





「千尋」

「千尋・・・」





風の中で呼ぶ声がする。

その声は彼女を惑わすように甘く響いて。

「誰?」

強い風に眼を開けることさえままならず・・・故に千尋は声のするほうを・・・背後の森を振り返った。

そう、振り返ってしまったのだ。









 「振り向いてはなら無いと、言ったのにね」

耳元で笑いを含んだ低い声が、囁かれた。それがまるで合図のように。

ずきり。

「い・・・たっ」

不審に思う暇もなく、首筋がひどく痛み、その痛みに耐えられず、千尋は意識を手放した。

目が覚めると、悪夢が待つとも知らず。

[PR]
by mak1756 | 2012-09-17 00:02 | ハクセン


日々思うことをつらつらと。


by mak1756

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

カテゴリ

全体
アニメ・マンガ
演劇・舞台
オペラ座
小説
どうでもいい話
時事問題
まじめな話
テレビ
更新
音楽
日常
ハクセン
ハクセン2
100お題続き
掘り起こした話
未分類

りんく

その他のジャンル

以前の記事

2016年 09月
2016年 05月
2016年 02月
2015年 08月
2015年 04月
2014年 09月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
more...

ブログパーツ

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

漫画・アニメ
本・読書

画像一覧